【kamo ichi】okaikosan popup shop出展

今週末はご近所さんkamopanの1周年kamo ichiでokaikosan、popup shopで盛り上げます。
1周年ということで、okaikosanはおめでとう特別企画を企み中。みなさま暖かくしてお越しくださいね!

埼玉県所沢市北野のパン屋さんkamopanと家具とおもちゃの工房okaikosanのイベントの画像

-kamopan1周年記念イベント-
kamo ichi
.
日時 12/15(土)11:00〜16:00
.

出店者

.


okaikosan ーおもちゃと生活の道具
ナチュラルな素材でありながら、シャープなデザインの道具たち。木工作家とグラフィックデザイナーのユニットです。
@okaikosan
.

hazineーエプロン、布小物
無地の布を贅沢に使い、空気を孕んだ柔らかな印象の洋服を作っています。
@hazine_atelier 
.

オギノエン・ファームー無農薬野菜、お茶、味噌
明治時代から続くお茶農家。1990年から無農薬に切り替え、持続可能なライフスタイルと食べ物を提案し続けています。
@oginoenfarm 

.

La.montagneー生花、リース、スワッグ
入間市にある予約制のお花屋さん。不定期に店舗営業もされています。とても可愛いお店です。一度訪れると虜になります。
La.montagne flower

.

ヒンメリ工房 ひかりとかげーヒンメリ
フィンランドの麦わら細工です。自家栽培のライ麦に糸を通して作る幾何学模様のヒンメリからは自然の不思議と美しさを感じます。
@konyuko_25

.

Cafe Sorteーコーヒー、ワイン
日高市にある蔵をリノベーションしたカフェです。月に一度 バルに変身するので、コーヒーだけでなくワインもお願いしました。お腹の中を温めてください。
https://cafesorte.exblog.jp/

.

彫刻屋 近正ー絵カレンダー
毎月全く違う絵柄のカレンダー。予定を書き込むところはありませんが、その可愛らしさに毎年購入してしまいます。
@kon.show

.

Happy Ribbon by Pirokoーリボン、ヘアアクセサリ
小さな女の子が大好きなリボン。リボンの柄をデザインするところからのこだわりです。
@piroko_hm

.

Khao Man Gai Pintoo ータイ料理・カオマンガイ
ステキなキッチンカーでの登場です。タイ米を鳥スープで煮込み、柔らかく蒸した国産のモモ肉を乗せたタイ料理です。お子様からお年寄りまで美味しくいたけます。
@khaomangai_pintoo

【Expo Ooh la la’18】森と踊る×okaikosoanありがとうございました!

エキスポウララ起こしいただいたみなさまありがとうございました!
「森と踊る×okaikosoan」も少しですがお披露目でき、見て、触れていただいたみなさまありがとうございました!
皮剥き間伐材の秘めた可能性を最大限に引き出した楽しいプロダクトをこれからもどんどん開発していきたいと思います!

今回、私たちは主催側としてバタバタ慌しく、写真もろくに撮れなかったのですが、森と踊るさんが素敵にイベントレポートしてくださいました。そちらの記事をシェアさせていただきます!森と踊るさんありがとう!

https://www.moritoodoru.co.jp/blog/expo-ooh-la-la?fbclid=IwAR26nvKnzOjtprWbElv-g14HesNmpfolESpCt_of0BaS4VUHyVgs6LPAoas

【Expo Ooh la la’18】森と踊る×okaikosoan

 

埼玉県狭山市のクラフトマーケットのエキスポウララの画像

 

12/2(日)、狭山稲荷山公園にてExpo Ooh la la ’18が開催されます。
このイベントはokaikosanがokaikosanになる前から、私たちが主催してきたイベントです。
今年で5回目となります。主催のためokaikosanとしては出展はしません。
ですが、今年は以前、高尾の森でお世話になった「森と踊る」が出展してくれることになり、「森と踊る×okaikosoan」の商品がいくつか並びます。もちろん素材は、「森と踊る」で伐採された、皮剥き間伐による木材です。
どんな商品が並ぶかは、お楽しみ。
是非遊びにきてくださいね!

自分で言うのもなんですが、とてもいいイベントです!

イベント詳細はこちら

高尾の森の森と踊るとokaikosanの木工の商品のお知らせの画像

【KEEN EFFECT】okaikosanワークショップ

 

先日の日芸祭でのワークショップをKEENさんのサイトで取り上げていただきました。

https://www.keenfootwear.com/ja-jp/blog-article-137860509.html?contact_eid=0bd603e80000000000000000000008ceeaf2&utm_source=bm23&utm_medium=email&utm_term=詳しくはこちら&utm_content=詳しくはこちら&utm_campaign=181127j_Sock_Donation

「NPOみらいの森」は、以前しーちゃんがLIT(リーダー実習プログラム)のコーチをしていたり、毎年秋にwood workshopで子どもたちと一緒に箸を削ったり、みほさんが報告書をデザインさせていただいたりと、とても関係が深いNPOでもあります。

子を持つ親としても、児童養護施設の抱える問題は人ごととは思えません。私たちのできることは限られていますが、子どもたちに少しでも力になれたらなと思っています。

日芸祭ありがとうございました。

日芸の芸祭のKEENのokaikosanのワークショップのべんがら染の手ぬぐいの画像
日芸祭2018、KEENチャリティーセール、キーンエフェクトの「Bengala Dye Work Shop」3日間、たくさんの方々にご参加いただきありがとうございました!

今回用いた板染めや絞り染めの技法にとらわれないクリエイティブなアイデアや表現が飛び出したり、想像以上の仕上がりになったりならなかったりと、たくさんのドラマがあり、あっという間の3日間でした!
完成したみなさんの個性豊かな作品が風に揺られている風景はとても美しかったです。
参加されたみなさんに「楽しい!」「「もっとやりたい!」と言っていただいてたり、また、満席によりお断りしてしまった方もいらっしゃったので、機会があればまたこのようなワークショップを開催できたらと思っています。

KEENスタッフさん、KEENのアンバサダーで日芸の教授鞍掛純一先生、みらいの森スタッフさん、すてきな仲間たちと楽しい時間を共有できたことに感謝です。おつかれさま&ありがとうございました!

日芸祭ワークショップのお知らせ

日芸祭2018のKEENでのokaikosanのワークショップのべんがらの画像

日芸祭2018のKEENでのokaikosanのワークショップの手ぬぐいの画像

今週末11/2(金),3(土),4(日)は日本大学芸術学部の学園祭、日芸祭にokaikosanワークショップで参戦です。
今回は、KEENさんの社会還元活動のひとつである「Giving Back : 社会へ の還元」、「Taking Action :市民活動支援」、「Reducing Impact :環境 負荷の低減」をテーマにした「キーン・エフェクト」のコーナーにて染めのワークショップを担当します。
シルクスクリーンプリントの体験+泥染めの体験ができます。
また、同時にチャリティーセールもあるので、お得にシューズがゲットできますよ!
是非遊びに来てくださいね!

詳細はこちら
↓↓↓

人類が初めて使った顔料で染める
“Bengala Dye Work Shop”

世界最古の顔料といわれている「ベンガラ」で手ぬぐいを染めます。
絞り染め・板染め・折染めの体験ができます。

日芸祭

●日時:2018年11月2日,3日,4日
2日/3日:10:00~18:00(WSは10:00~17:00)
4日:10:00~20:00(WSは10:00~17:00)

●場所:日本大学芸術学部 江古田キャンパス KEENブース内

NACありがとうございました

New Acoustic Camp 2018KEENさんブース内のokaikosanワークショップ、
たくさんの方にご参加いただきありがとうございました!
心配だったお天気もパーティーを楽しめる程度で、2日目には青空も見え、大人も子ども食べて飲んで笑ってとっても楽しそうでした。
そしてやっぱりこんな足元が悪い中でも、チームokaikosanも愛して止まないKEENの靴は無敵でしたよ!

今回のワークショップでは、次世代けん玉「のっけ」が大人気でした。
ニューアコに出店されていた幡ヶ谷再生大学けん玉倶楽部の方たちにも遊んでいただき、新しい技をやってくれたり、のっけ改良計画まで話が及び、「のっけ」ブームが到来する予感!?

そんなこんなであっという間に過ぎた2日間、とても素敵な仲間たちに恵まれた楽しい遠征となりました!
“New Acoustic Camp 2018” 特にファミリーには本当〜〜に楽しめるフェスです!!!
okaikosanもまた来年もこの場所に戻ってこれるといいな〜!

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップの制作風景の画像

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップの子どもたちの画像

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップのスタッフの画像

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップの子どもたちの画像

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップのワンちゃんの画像

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップの子どもたちの画像

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップのけん玉の画像

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップの子どもたちの画像

 

 

 

 

ワークショップのお知らせ

今週末2018/9/15-16は “New Acoustic Camp 2018” にKEENさんのブースにてワークショップ担当としてokaikosan、参加します!
今回はアウトドアにぴったりの“木”を使った作品を3種類ご用意!
イベントのお供に、思い出作りにいかがでしょうか。

 

【イベント詳細】

New Acoustic Camp 2018

2018年9月15日(土)16日(日)
15日(土)OPEN 08:00/START 11:00 終演21:30(予定)
16日(日)OPEN 08:00/START 08:30 終演17:00(予定)
※雨天決行

[会場]水上高原リゾート200(トゥーハンドレッド)
※群馬県利根郡みなかみ町/水上高原 ゴルフコース・スカイコース

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップのAの画像

A:どんな いろ にみえるかな?

ならべて かさねて とじこめて。
あっちのほうをみてみよう。
ちきゅうにおちた かげをみよう。
いつもとちがう いつものかたち。
いつもとちがう いつものいろ。

セロファン紙を覗き込むとまるでちがう世界に来たような感覚がありますよね。
そんないつもとちがう世界にヒョイっと入れちゃう素敵なアイテムを作ります。
太陽の光を通して地球に落ちる影を楽しむのもオススメ !!
New Acoustic Camp でのナイスなお供になることでしょう !!!

 

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップのBの画像

B:どんな わざができるかな?

ひもでくっつくふたつの き。
おっきいのとちいさいの。
おっきいほうをてにもって
ちいさいほうをふわっとぽんっ。
いろんなところにのせてみよう。

木片を組み合わせたおっきいほう と サイコロみたいなちいさいほう。
いつでもポッケに忍び込ませて、いつでもどこでも遊んじゃお!
なかなか思うようにならないこのおもちゃ、何回続けて乗せられるかな〜?
Let’s try!!

 

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップのCの画像

C:どんなおうちができるかな?

ちいさなつみきをかさねます。
おやねにあなをあけまして
えんとつひとつ できました。
もくもく けむりがでましたら
すてきな おうち のできあがり。

お好きな木片を二つ選んで、ボンドでぶちゅっとくっ付けます。
屋根には煙突もくっ付けて、お好きなお線香を選びましょう!
キャンプのお供に、お家のインテリアとして、香りを楽しむお洒落なお香たて。
New Acoustic Campの思い出、香りといっしょにお持ち帰りください。

 

【ワークショップ詳細】

“木”を使った3種類のワークショップを開催します!
各ワークショップ予約制で所要時間は20分程度です。

参加費:2,000yen

ー ご予約方法 ー
1.KEENブース内の予約受付窓口にお越しください。
2.参加したい日時と、ワークショップをお選びください。
3.参加費をお支払い後、予約券を受け取ってください。
※クレジットカードご利用いただけます

※ 予約のお時間を過ぎてからの時間変更はできませんので、予約時間に遅れないようにお越しください。
※ お客さまのご都合によるキャンセルや返金はできませんので予めご了承ください。

New Acoustic Camp 2018のkeenのワークショップの詳細の画像

 

shoes-plate / KEEN

 

 

shoes-plate / KEEN

[specs]

ヒノキ
ウレタンオイル塗装

 

“既存の什器に取り付けられる、靴を乗せて展示するための仕掛け” の企画です。
既存什器の下部には“THIS DISPLAY IS MADE WITH SCRAP WOOD”と記載されていました。
“SCRAPな木材” とは、“その姿としてはそれ以上の利用価値が見出しにくい木材” ということでしょうか。
KEENはそういった木材をレスキューし、什器としてもう一度命を吹き込んだことが先の一文で理解できます。

 

今回の製作に際し、木材の選び方もオリジナルのコンセプトに揃え、現在の状態では価値の見出せないものをあえて選び、手を加えることにより再度価値を付けたいと考えました。そして、八王子の山で昔、人工植栽された桧の間伐材で、一度は床材になったもののB品の為、今後市場に出回ることのない材料を仕入れて製作しました。

 

既存什器と製作した板を繋ぐジョイント部にも工夫が必要でした。什器に引っかかった後、通常の利用では脱落しないギミックの奥深さにぶっ飛ばされつつも、熟練の鍛鉄工と相談し、試作を重ね作りが決まりました。

 

板の天面と側面にはおなじみのKEENロゴが彫り込まれており、瞬時にKEENの什器であることがわかります。汚れの付着防止やメンテナンスのしやすさから、板の表面にはウレタンオイルを塗装し、少しウルっとさせました。

 

什器側面からの板の見え方で、以前、その板は床材であったことがわかるよう ”なごり” を残してあります。

モノの再利用について、より深く迫ることができた企画となりました。

KEEN JAPANの皆さま、ありがとうございました!!!

2018 July©︎

こちらの什器は、フジロックフェスティバル ’18のKEENブースにて展示されています。もし、行かれる方は是非ご覧になってくださいね!

 

chabu-dai / 八角形 for TOMITA HOUSE

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どものお絵かきにも最適な折りたたみのちゃぶ台の使用している時の画像

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どもの折りたたみのちゃぶ台の使用している時の画像

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どもの折りたたみのちゃぶ台の組み立てた時の画像

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どもの折りたたみのちゃぶ台の上から見た画像

 

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どもの折りたたみのちゃぶ台の脚の構造の画像

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どもの折りたたみのちゃぶ台の折りたたみの構造の画像

 

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どもの折りたたみのちゃぶ台の立てかけた時の画像

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どもの折りたたみのちゃぶ台のロースタイル時の画像

埼玉県所沢市の木のおもちゃとオーダー家具の制作をしている家具工房okaikosanの子どものちゃぶ台の横からの画像

chabu-dai / 八角形 for TOMITA HOUSE

[specs]
h280/w800
ラワンベニヤ
ウレタンオイル塗装
折脚構造

 

“いろんな事に使える便利なちゃぶ台”というお題で始まったこの企画。子供が使いやすいサイズで、使わないときは脚をたたんで壁に立て掛けて美しく、大人がお酒を飲む時には畳んだままの姿で地べたに置いてちょっとした台にもなる、というご要望でした。天板のカタチも円や六角形と検討をし最終的に八角形に。面白いモノを作ろう!と終始賑やかな打ち合わせを経てデザインが完成しました。

脚をたたんで壁に立て掛けた時に美しく見えるよう、ちゃぶ台の構造は全て折れる脚の内側に配置しました。構造を脚の内側に彫り込んで納める事により、横からの見え方も板二枚分の厚みで最小限に留め、スッキリとした印象としました。

子供の利用が前提のため、汚れの拭き掃除がしやすいよう、塗装はウレタンオイルとし少しウルっとさせました。

ミニマルなインテリアとして、八角形のちゃぶ台が生まれました。

TOMITA HOUSE の皆さま、ありがとうございました。

2018 July ©︎