okaikosanにお蚕さんがやってきた

 

okaikosanの名前の由来でもあるお蚕さんがokaikosanにやってきました。
okaikosanがある地域は昔養蚕が盛んなエリアだったそう。
現在は2件のみ残っているそうです。
okaikosanの工房もまたその昔お蚕さんがいた蚕小屋で、いまでもまだ天井にはいくつかの繭玉がくっついています。

いま、彼は一生懸命に繭をこしらえています。

okaikosanにお蚕さんがやってきた画像

okaikosanにお蚕さんがやってきた画像